ゴルフスイングのグリップについて

ゴルフスイングにおけるスクエアグリップ、フックグリップの特徴に関しての説明は別の機会に簡単に説明しました。ゴルフスイング速攻対策の一つです。

ゴルフスイングのグリップについて

スクエアグリップとフックグリップの選択

ゴルフスイングにおけるスクエアグリップ、フックグリップの特徴に関しての説明は別の機会に簡単に説明しました。ゴルフスイング速攻対策の一つです。

多くのゴルファーは、はたしてどちらのグリップ方式が自分にマッチしているのかを早く知りたいと思いますので、ここで説明を付け加えましょう。

スクエアグリップは腕の振りを使って、フェースをターンさせやすくするメリットがあります。そのため、ヘッドスピードを上げて飛ばすことができます。

ランも多くなる握り方と表現する人もいるでしょうが、タイミングが少しでも狂ってしまうと、その分、曲がり幅も大きくなるリスクを含んだグリップです。

スクエアグリップで球筋を安定させるコツとしては、腕だけでなく、体の回転運動を効率よく使いながらフェースの動きをコントロールしていく点にあると言えるでしょう。

腕だけの動きではクラブフェースの開閉の動きがあまりに急激になるので、体の動きをそれに伴わせて、クラブフェースの開閉の度合いを弱めるというわけです。

しかし、これはよほど感性が優れている人ならばともかく、一般人には簡単に身に付くものではありません

ただし肥満体の人、体の硬い人は、体のネジレを作りにくいため、腕の動きを上手に利用しなければなりません。

その意味では、スクエアグリップを採用して、フェースのターンを利用して飛ばすという方式にするのは一つの方法です。

一方、フックグリップは腕のローテーションを抑えることになります。そのため、フェースの開閉の動きを小さくさせる握り方と言えるでしょう。

飛距離を期待するよりもコントロールを重視するグリップと言えるかもしれません。現在の大型化されたクラブヘッドを有効に使って飛ばせるという点にはマッチしているでしょう。

しかし、スクエアグリップの時よりも、もっと積極的な体のターンがゴルフスイングに必要とされます。体のターンを伴わせて初めてフックグリップの特徴が引き出されるわけです。

体のターンがしっかりできなければ、腕の返しが少ない分、右に飛び出すことが多くなるゴルフスイングなのです。

上半身と下半身にネジレ差を十分に作り、フォロースルーで胸をしっかりターゲット方向に向けるように体をターンさせて、初めてフックグリップの良さがゴルフスイングに生きてくるのです。

つまり、そうした体力や体の柔軟性が要求されるグリップであることもしっかりと認識しておいて下さい。

ゴルフスイングにおけるスクエアグリップ、フックグリップの特徴に関しての説明は別の機会に簡単に説明しました。ゴルフスイング速攻対策の一つです。

Copyright (c) 2014 ゴルフスイングのグリップについて All rights reserved.